Top > 成長 > 人はいつだって成長している。

人はいつだって成長している。

私は、1年前くらいにうつ病を発症した。発症初期は、何も出来ず、ただ死にたい気持ちだけがぐるぐると回る生活だった。そこから動けるようになって、まずジグソーパズルを始めた。次に、服を着替える習慣をつけて、服を着替えられるようになった。起きられない生活から服を着替えられまでになったという成長があった。次に、服が着替えられるようになると外の世界に気持ちが向くようになる。でも、恐くて出たくないその狭間で葛藤しながら外に出られるようになった。それから、徐々に買い物に行けるようになり、電車に乗れるようになり、大学に通って、周りが言う普通の生活を送れるようになった。普通の人からしたら、普通のことでも、私からしたら毎日が格闘であり成長の日々だった。成長というのは、身体に関することだけではなく、心の成長も大切だと思っている。それは、大人になればなるほど難しく変化して生き難くなると感じる。例えば、私の場合は、0か100か思考だった。出来たら100点で出来なければ0点と同じという思考だったのが、病気を経てから、何かに失敗してもここまで出来たから良かった。出来ないと思っていた事が出来た。2割しか出来なかったけど、その2割が大切なんだと思えるようになった。そう思うと、人への接し方や言葉遣いや考え方は、何かの出来事によって変化したりする。その変化をみんなは普通と思っていないか、或いは見過ごしてはいないかと思うのである。自分の中で、小さな目標があって大きな目標があって、その途中にも難所はあるはずだから、それをクリアした自分に対して、小さなことでも成長したと褒めてあげるようにしたら、もっと生きやすくなるし、生きるのがたのしくなると考えている。

手汗デート

成長

関連エントリー
人はいつだって成長している。